体験トレーニング予約

  • 筋トレを休んでどのくらいで筋肉が減るのか?

    2023年12月29日

    こんにちは!

    横浜・桜木町を拠点にしています、パーソナルジムADJUSTです。

    今回はダイエットのプロが筋トレを休んでどのくらいで筋肉が減るのかについてご紹介します。

    目次

    • はじめに

    • 筋肉が減る周期とは

    • 筋肉の減少期間は個人によって異なる

    • 筋トレ初心者の筋肉減少

    • 筋トレ中級者~上級者の筋肉減少

    • まとめ

    はじめに

    みなさんこんにちは!今回は筋トレを休んで筋肉が減る期間についてお話ししましょう。筋肉を鍛えるのには一生懸命努力してきたはずですよね。でも、心配しなくて大丈夫!筋肉が落ちることはある程度予測できます。では、早速見ていきましょう!

    筋肉が減る周期とは

    筋肉が減る周期とは、筋力の低下期と筋肉の減少期に分けることができます。

    筋力の低下期では、筋トレを休んだことによってパワーである筋力が減少します。例えば、いつもベンチプレスで100kgを上げていた人が休むことでその重量が上がらなくなることがあります。しかし、これは一定期間トレーニングをしないために身体が省エネ体質になり、重量が上がらなくなっただけです。筋トレを再開すると、数日で元通りの筋力に戻るでしょう。

    筋肉の減少期では、筋力が低下した状態が続くと、筋肉の減少が始まります。脳からの指令によって筋肉の使用を減らそうとするため、徐々に筋肉が小さくなっていきます。この期間は個人によって異なる要素があります。筋トレのレベルや経験、元の筋肉量によって筋肉の減少は異なります。

    また、筋肉の減少期には食事量の低下や水分量の低下も影響します。筋トレをしているとカロリーを消費し、食事量が増えます。しかし、トレーニングをしない場合は普段よりもエネルギーを必要としないため、食事量が減る可能性があります。同様に、トレーニング時には水分摂取量も増えますが、筋トレをしない期間には水分摂取量が減るでしょう。

    なので、筋力の低下と筋肉の減少には違いがあります。筋力の低下は一定期間で戻すことができる一方、筋肉の減少は再度筋トレを行って筋繊維を破壊し再合成する必要があるため、戻りにくくなります。

    まとめると、筋力の低下期と筋肉の減少期は筋トレを休むことによって発生します。筋力の低下は数日で元に戻ることができますが、筋肉の減少には個人の要素や食事量・水分量の変化も関係しています。筋肉の減少期間は人によって異なるため、復帰後も元の身体状態に戻すには時間がかかるかもしれません。しかし、しっかりと筋トレを楽しんで取り組むことで、筋肉を維持することは可能です。

    筋肉の減少期間は個人によって異なる

    筋トレのレベルや経験による影響

    筋肉の減少には、個人の筋トレのレベルや経験も影響します。筋トレを長い期間継続してきた上級者の方は、筋肉量も多くなっているため、休んでも筋肉の減少量は少なく、復帰後の回復も早い傾向があります。これは、筋トレによって身体が「筋肉は必要」と認識し、早く戻ろうとするマッスルメモリーという機能が関係しています。そのため、上級者の方は相対的に筋肉が減りにくいと言えるでしょう。

    食事量の低下

    普段、筋トレをしているとカロリーを消費するため、お腹が空きます。その結果、タンパク質や炭水化物など多くの食事量を摂取します。しかし、筋トレをしない期間は多くのエネルギーを必要としないため、食事量が減ることがあります。このため、体重が落ちることがあるかもしれません。ただし、短期間の筋トレ休止では筋肉が減ることは考えにくいので、心配しなくても大丈夫です。

    水分量の低下

    筋トレをする際は1リットル以上の水を摂取することが推奨されていますが、筋トレをしない期間はそれだけの水分量が必要ではありません。そのため、摂取する水分量が減り、1日を通しての水分摂取量も自然と減るでしょう。ただし、これらの食事量や水分量の低下による体重の減少は、筋肉の減少ではなく単純に体重が減るだけのものです。

    筋肉の減少期間は個人によって異なるため、一概には言えません。そのため、自分の体をよく観察し、トレーニングを休む期間にも日常生活で動くことを心がけることが重要です。また、筋トレを再開する際には、食事や水分の摂取にも気を配ることが大切です。そして、筋肉の減少は一時的なものであり、適切な復帰方法やモチベーションを保つことで元の筋肉量を取り戻すことができます。

    筋トレ初心者の筋肉減少

    筋トレを始めたばかりの初心者の人は、ベテランの人に比べて筋肉は落ちやすいです。あなたが一週間休んでも、残念ながら筋肉はすぐには落ちません。だって、筋肉っていうのはかなり強靭なやつなんですよ。それに、あなたがまだ初心者だから、筋肉もまだちょっと弱いんです。

    なので、心配しなくても大丈夫です。一週間休んだからといって筋肉が一瞬で消えることはないんです。でもね、モチベーションを保つためにも、休んだ期間が長くなりすぎないように注意しましょう。毎日筋トレしている自分を忘れずに、休み明けには元気にトレーニングを再開しましょう!

    筋トレ中級者~上級者の筋肉減少

    筋肉減少と言っても、心配しなくても大丈夫ですよ!中級者から上級者になると、筋肉量も多くなりますし、トレーニング歴も長いですから、筋肉の減少はあまり心配しなくても良いですよ。実は、マッスルメモリーという素敵な機能が関係しているんですね!なんと長期間の筋トレで身体は「筋肉は必要」と認識しているため、元の筋肉状態に戻るのが早いんです。

    だから、少しのブランク期間でも、早い人で数日で元通りになることもあります。でも焦らずに無理しないことが大切ですよ。あまり無理をするとケガの原因になりかねませんからね。

    トレーニングができなくても心配しないでください。筋肉はそう簡単にはなくなりません。マッスルメモリーがある限り、早いうちに元の筋肉状態に戻ります。

    さあ、無理をせずに楽しんで、筋トレを再開しましょう!あなたの鍛え上げた筋肉はそんなに簡単には消えませんよ。心と身体の健康のために、メリハリをつけてトレーニングを楽しんでくださいね。

    でも、忘れないでください。筋トレの結果、素敵な筋肉を手に入れたのはあなたの努力の賜物です。それを守り続けるためにも、日常生活でも自分の身体を大切にしましょう!ゆっくり休んでも、常に動くことを忘れずに、ビバ筋肉ライフを送りましょう!

    まとめ

    筋トレを休むとどのくらいで筋肉が減るのか?筋力の低下期と筋肉の減少期の2つのフェーズがあります。筋力の低下期では、筋力が下がるだけで筋肉自体はまだ減りません。筋肉の減少期になると、脳からの指令により徐々に筋肉が小さくなっていきます。

    筋肉の減少期間は個人によって異なります。筋トレのレベルや経験、元の筋肉量などによって筋肉の落ち方は異なります。また、食事量や水分量の低下も筋肉の減少に影響を与えることがあります。

    筋トレ初心者は筋トレを始めたばかりのため、筋肉は比較的落ちやすい傾向があります。一方、筋トレ中級者~上級者は筋肉量も多く、トレーニング歴も長いため、休んでも筋肉の減少は少なく、復帰後の回復も早いと言えます。

    まとめると、筋肉が減る期間は個人によって異なりますが、一般的には3週間程度の休止期間で筋肉が落ちることはありません。筋肉を落とさないためには、日常生活でできるだけ動くことや食事の内容に気をつけることが重要です。

    なかなかトレーニングできずもどかしい思いをしている方もいらっしゃるかもしれませんが、筋肉はそう簡単にはなくなりませんのでご安心ください。休む時は休んで、復帰する際は思いっきりトレーニングを楽しむようにして、メリハリをつけて健康的な身体作りを目指しましょう。

    最後に

    私たちは横浜・桜木町でパーソナルジムADJUSTを運営しております。

    パーソナルジムADJUSTでは、身体を整えながら魅力的な身体へをコンセプトにしております。

    お客様の骨格や姿勢、柔軟性に合わせ科学的根拠に基づいたトレーニングを行う事でお身体は変化していきます。

    ダイエットや姿勢改善、肩コリ等の身体の不調がある方は

    是非1度お越しください😊

    パーソナルジムADJUST 

    📍神奈川県横浜市中中区日ノ出町1-27

    営業時間:9:00~22:00

    ▶︎京急本線 日ノ出町駅 徒歩1分

    ▶︎JR京浜東北線 桜木町駅 徒歩6分

    ▶︎ブルーライン 関内駅 徒歩8分

    ▶︎みなとみらい線 馬車道駅から徒歩13分

    ▶︎みなとみらい線 みなとみらい駅から徒歩20分