体験トレーニング予約

  • 生理中のダイエット方法

    2023年11月30日

    こんにちは!

    横浜・桜木町を拠点にしています、パーソナルジムADJUSTです。

    今回はダイエットのプロが生理中のダイエット方法についてご紹介します。

    目次

    • はじめに

    • 生理中のダイエットは無理のない範囲で!

    • 生理中のダイエットで気をつけること

    • 生理中のダイエットで気をつけたい食べ物

    • 生理周期とダイエットの関係

    • 結論

    はじめに

    生理中のダイエット、皆さんはどう思いますか?できるでしょうか?それとも、無理かもしれないと感じますか?

    実は、生理中のダイエットは少し特殊な時期です。体調不良になりやすく、体重が落ちにくいとも言われています。しかし、何もできないわけではありません!身体を労ってあげることや無理のないダイエットを心がければ、体重をキープすることが可能なのです。さあ、一緒に生理中のダイエット方法を探ってみましょう!

    生理中のダイエットは無理のない範囲で!

    身体を温める

    生理中は身体を冷やすことが多いので、積極的に身体を温めてあげましょう。お風呂にゆっくり浸かるのはおすすめですが、長時間の入浴は貧血につながる可能性もあるので注意が必要です。温かい飲み物やレッグウォーマーを活用して、身体を温めましょう。

    軽めの運動や筋トレ

    生理中でも軽めの運動や筋トレはOKです。普段行なっている運動や筋トレを止めるよりも継続する方が体重をキープしやすく、ダイエットにも効果的です。ウォーキングやランニングなどの有酸素運動は血行促進の効果があるので、20〜30分程度行ってみましょう。そして外で行う運動は日光も浴びられるのでストレス解消にもなります。

    ストレッチ・ヨガ

    ストレッチやヨガも生理中に継続して行ってみてください。身体を柔らかくすることで、筋肉の疲労を緩和させる効果があります。リラックスした状態で行えるので、生理中の不調を和らげることも期待できます。

    生理後〜排卵期

    生理中は体重が落ちにくい時期ですが、生理後から排卵期にかけては体重が落ちやすい傾向があります。このタイミングでダイエットに集中しましょう。ただし、無理なダイエットは身体に負担をかけてしまうので、無理のない範囲で行いましょう。

    生理中のダイエットで気をつけること

    生理中は、体調が不安定で貧血や月経痛に悩まされる時期。そんな時期に無理なダイエットをするよりも、身体を労わりながら無理のないダイエットを行うべきです。生理の後半は体重が落ちやすくなる傾向がありますが、一気に厳しいダイエットを始めるのはNGです。身体の状態を見ながら、軽い運動や筋トレなど、できそうなことから始めると良いでしょう。

    運動は追い込みすぎないことが重要です。激しい運動は身体に負担をかけるので、身体の不調を感じる時や体調が優れない時には運動を控えることがオススメです。また、長時間の入浴も控えましょう。女性の身体は生理周期によって痩せやすい時期と痩せにくい時期があるため、適切なタイミングで減量を行うことが重要です。

    生理中の食事にも気をつける必要があります。むやみに食事制限をすると、身体に負担がかかります。身体の負担を最小限に抑えるために、バランスの取れた食事を摂ることを心掛けましょう。また、生理中は身体がむくみやすい傾向があるので、むくみ解消に効果的な食材を取り入れるのも良いでしょう。

    そして、生理中の不調を解消する方法も大切です。生理中は身体が不調になりやすいので、ケアを怠らないようにしましょう。身体を温めることで生理痛の軽減やむくみの解消に効果があります。ぬるめのお風呂に浸かって身体を温めることをオススメします。また、ストレッチやヨガも身体のリラックスに役立つので、積極的に取り入れてみてください。

    さて、生理中のダイエットで気をつけることはたくさんありますが、無理をせずに身体を労りながら行うことが大切です。せっかく始めたダイエットが身体の負担になることだけは避けたいですよね。自分の身体の状態をよく知り、無理のない範囲で取り組むことが成功への近道です。生理中のダイエットを安全に実践して、理想の体重をキープしましょう。

    生理中のダイエットで気をつけたい食べ物

    レバー、赤身の肉類、ひじき、ほうれん草、プルーン、わかめ、のり、ごま、きなこなどが生理中のダイエットにおいて気をつけたい食べ物です。

    ええと、生理中のダイエットで気をつけたい食べ物ですね。なんだろう、最初に思いつくのはレバーとか赤身の肉類です。そう、鉄分やタンパク質が豊富なんですよ。でも、生理中ってヘモグロビンが下がりやすかったり、体調がイマイチだったりで負担がかかりますよね?だから、無理に肉をたくさん食べる必要はないけど、バランスよく取り入れるといいかもしれません。

    あと、ひじきやほうれん草もいいですね。なんだか和食っぽい食材だけど、栄養価が高くて良いんですよ。特にひじきはミネラルが豊富で、体を温める効果もありますから、生理中にはベストな選択肢かもしれません。

    それから、プルーンやわかめ、のり、ごま、きなこもオススメです。プルーンは便秘解消に効果的だし、わかめやのりはヨウ素が豊富で代謝を活性化してくれます。ごまやきなこはカルシウムや良質な脂質が含まれていて、女性にとって必要な栄養素です。

    以上、生理中のダイエットで気をつけたい食べ物の紹介でした。これらの食材をうまく取り入れながら、バランスの取れた食事を心がけましょう。でも、あくまで無理しないでね!身体を労りながら、健康的なダイエットを目指しましょう!

    生理周期とダイエットの関係

    生理周期には、体重が落ちにくい時期と痩せやすい時期が存在します。生理中は体調不良になりやすく、貧血や月経痛の影響があるため、体重を減らすことよりも身体を労りたい時期と言えます。しかし、生理後から排卵期までは、代謝が良くなり、痩せやすくなる時期です。この時期にダイエットを行うと、効果的に体重を減らすことができるのです。

    したがって、生理周期ごとに自分の体調やホルモンバランスを把握し、痩せやすい時期と痩せにくい時期を理解することが重要です。ホルモンの影響を最大限に活用し、ストレスを感じずに健康的にダイエットを進めることができます。生理周期とダイエットの関係を知り、より効果的な減量を目指しましょう!

    結論

    生理中のダイエットは無理のない範囲で行いましょう。身体を労りながら、適度な運動や食事制限を実践することが大切です。バランスの良い生活習慣を整え、健康的に体重をキープしましょう。

    最後に

    私たちは横浜・桜木町でパーソナルジムADJUSTを運営しております。

    パーソナルジムADJUSTでは、身体を整えながら魅力的な身体へをコンセプトにしております。

    お客様の骨格や姿勢、柔軟性に合わせ科学的根拠に基づいたトレーニングを行う事でお身体は変化していきます。

    ダイエットや姿勢改善、肩コリ等の身体の不調がある方は

    是非1度お越しください😊

    パーソナルジムADJUST 

    📍神奈川県横浜市中中区日ノ出町1-27

    営業時間:9:00~22:00

    ▶︎京急本線 日ノ出町駅 徒歩1分

    ▶︎JR京浜東北線 桜木町駅 徒歩6分

    ▶︎ブルーライン 関内駅 徒歩8分

    ▶︎みなとみらい線 馬車道駅から徒歩13分

    ▶︎みなとみらい線 みなとみらい駅から徒歩20分